Domaine Denis Mortet ドメーヌ・ドニ・モルテ

父から子へと受け継がれるワイン造り、繊細かつ濃厚なスタイルの【ジュヴレ・シャンベルタンの新星】

 【ドニ・モルテ】は、1993年、当時の当主であったドニ・モルテ氏が父、シャルル・モルテ氏から畑を受け継ぎ誕生しました。彼は父の元で17歳から手ほどきを受け、あのブルゴーニュの神様【アンリ・ジャイエ】からワイン造りを教わりったことでも有名です。ドメーヌ・ドニ・モルテ創設の際は、ベルナール・ギュイヨ氏が彼の腕に惚れ込み、畑を譲ってくれたという話もあります。
 2006年、ドニ・モルテ氏は、突然自らの命を断ってしまいました。天才と言われた彼の死は、ブルゴーニュのワイン関係者や愛好家に大きな衝撃を与えました。ドメーヌを引き継いだのは、20代後半の息子のアルノー氏でした。彼は1997年からドメーヌを手伝い始め、その後もメオ=カミュゼやルフレーヴ、オーストラリアなどで研修を積み、父にも勝る実力でした。今は、母ローランス、祖父シャルルと共に、丁寧な畑仕事と自然なワイン造りをおこなっています。
 「強すぎるワインよりも、ブドウのポテンシャルを最大限に引き出しつつ、エレガントでテロワールに忠実なワインを造りたい」と、言うように、ブドウの良さが表現された、繊細かつ優雅な果実味豊かなワインは、年々評価が上がっています。 ロバート・パーカー氏から 「ジュヴレ・シャンベルタンのスターになり得る」と絶賛され、「ル・クラスマン」では、ロマネ・コンティ、ルロワと並び、3つ星生産者の常連となっています。
 ドニ・モルテの所有する畑は全部で約11ha。グラン・クリュのシャンベルタンを0.15ha、クロ・ド・ヴージョの他4つのプルミエ・クリュを含んでおり、「テロワールを表現するのはブドウが全て」という信念の下、化学肥料などは用いず、一貫して有機栽培を行っています。ヘクタール当たり1万本という高い植樹率、村名でも20年〜50年、一部は80年を超える高い樹齢、ワインに苦味、青臭さが付くことを避けるための100%の除梗など、独自のこだわりを持ったワイン造りを行っています。
 こうして造られるワインは、深みある色調で、濃厚な果実の旨みが溢れ、十分なタンニンと酸が支えるというしっかりとした構造。父ドニ氏の時代に比べると、滑らかさとエレガントさが増しており、上品で繊細な雰囲気も持っています。

新版 ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ [2006] (ドメーヌ・ドニ・モルテ) Gevrey Chambertin 1er Cru [2006] (Domaine Denis Mortet) 【赤 ワイン】【フランス】-ジュヴレ・シャンベルタン

新版 ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ [2006] (ドメーヌ・ドニ・モルテ) Gevrey Chambertin 1er Cru [2006] (Domaine Denis Mortet) 【赤 ワイン】【フランス】-ジュヴレ・シャンベルタン

新版 ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ [2006] (ドメーヌ・ドニ・モルテ) Gevrey Chambertin 1er Cru [2006] (Domaine Denis Mortet) 【赤 ワイン】【フランス】-ジュヴレ・シャンベルタン

News & Topics

ページの先頭に戻る